人生お役立ち本舗

このサイトでは人生を充実させる上で役に立つことについて書いていきます。

美容

ダイエットが続かない理由は自分の心理状態にある。その解決法とは?

投稿日:2018年7月18日 更新日:

ダイエットってやろうと思ってもなかなか出来るものではないし、続ける事ってもっと大変ですよね。そもそもダイエットって楽なものじゃないし、やっていて楽しいものでもないし、簡単なものでもありません。なので、「自分はダイエットが続かない」と悩んでいるあなたは人間として当然の事であり、あなただけが続かない訳ではありません。

意思が特別強い人はダイエットを続けやすいのは確かです。しかし、私たちのように普通の人、いや意思が弱い人でも考え方をちょっと工夫するだけでダイエットを続ける事はできます。

殆どの人がダイエットをしよう、続けようとした際に、最初から考え方が間違っているから続かないのであって、ダイエットを行うにあたっての考え方を正しく持つことが出来れば、誰でも続けられるようになります。

ダイエットが続かないと悩んでいるあなたは、続ける事が出来るように心理状態を見直してみて下さい。きっと続けられるようになりますから。

ダイエットを続けたいと思うならまず強い動機を持つことが大事

まずダイエットを続けるにあたって一番大事なことってなんでしょう?食事の方法?それともトレーニングの方法?いろいろと思い浮かぶでしょうが、食事の方法でもトレーニングの方法とかでもありません。

一番大事なことは、あなたがダイエットをしたいという強い動機です。

「ダイエットをしたい!」という強い思いとは違います。具体的に言うと、「●●したいから、なりたいからダイエットをしたい!」という●●の部分を具体的に持つことが重要です。それはなぜでしょう?

そもそもダイエット自体、私達のような普通の人からすれば、楽でもなければ面白くもありません。そんな楽でもなく面白くもないダイエットに対して、ただ「ダイエットをしたい!」と思ったって続く訳がないんですよ。では、どういう動機を具体的に持つと続きやすいのか?

一番おすすめなのは、「異性に好かれたい」という動機です。

ダイエットする事の目的は、自分の体型をスリムにして理想的な見た目を作りたいという思いが大半を占めますよね。じゃあ、なぜ自分の体系を理想的な見た目にしたいのかを考えた時、それは異性を意識しての事ではありませんか?異性という存在がこの世にあるから、人は自分の見た目をより美しくカッコ良くしたいと考えるのであって、異性がこの世にいなければその思いはかなり低くなるはずです。

「デブは異性からモテない」というのはあなたも重々承知ですよね?私も自他共に認めるデブでしたが、デブ時代は異性にいくらアプローチしたって、交際する事は出来ませんでした。そうなんです。これが現実なんです。あなたもそれを知っているから、ダイエットをしたいと思っている訳です。だから、「そもそもあなたはなぜダイエットをしたいのか?」を考えた時に、「異性にモテたいから」という事をしっかりと認識すべきです。そして、その「異性にモテたい」という事を目的に持つことです。

「ダイエットをしたい」という目的だと途中でつまらなくて続かない事が多くても、「異性にモテたい」と思い続けてダイエットをしたほうが、明らかに継続できる確率は変わります。

さらに、「異性にモテたい」というのもただ「モテたい」と広い範囲で設定するよりも、もっと具体的に「●●さんと付き合いたい」とか「●●さんに告白する」のように、より具体的に目的を設定したほうが、ダイエットをしている途中で辛かったり面倒になってきた時に、あなたの中で具体的に目的がイメージが湧いてきて、挫折しづらくなります。

人は誰でも異性から愛されたいと願うものです。それは人間として強い願望でもあります。その強い願望を具体的にイメージしてダイエットをする事で、継続する成功率が高まる事は間違いありません。

いろいろなダイエット方法を試そうとすると続かない

今の時代、テレビやインターネット、街に貼られている広告やチラシなどを見ると、様々なダイエット商品や方法が紹介されています。おそらくあなたも色々な方法を試してきたのではないでしょうか?

でも思い返してみて下さい。色々試してみた結果、あなたは今でもそれを続けることが出来ていますか?出来てないですよね。

おそらく、ある方法や商品を試してみたけど続かなくなっては、また違う方法や商品を試してみるという事を繰り返してませんか?はっきりと申し上げて、いろいろなダイエット方法を試そうとするその考えが、続ける事ができない大きな原因です。

なぜかというと、ダイエットってどんな方法であろうと大して変わりません。そもそも人間が脂肪を落とすには、糖質を減らした食事をする、定期的な運動をする、基礎代謝を上げる為に筋力を付ける、というこの3つのことが大前提です。

その大前提である3つのことについて、いろいろな企業が効果的な商品や方法を提供しているだけであって、どんな方法も商品も結局のところ、大前提の3つは一緒なんです。だからあれこれ試したところで、あなた自体がその方法を続けられなければ、他の方法や商品を試したところで続く訳がないし、無駄な行為なんです。

「いやいや、自分に合った方法を見つけようとすることは無駄じゃないだろ!」そんな声も聞こえてきそうですが、その考え自体がそもそも言葉を裏返すと、「楽に痩せられる方法を探しているだけ」という事になります。楽に痩せられる方法なんてありませんからね。もしもあったら、この世に肥満体質の人間は既に存在しないはずですから。

じゃあどうすれば良いかと言うと、先程挙げた「糖質を減らした食事」「定期的な運動」「基礎代謝を挙げる為に筋力を付ける」この3つを実行するための方法について自分で決めたら、まずはそれだけをやり続ける事です。

一つのことをとにかくやり続ける事が出来れば、どんな人でも必ずダイエットは成功します。一つの事を続けるためには、「他に良い方法はないか」という考えをあなたの頭の中から一度消して下さい。

多くの人が間違っている考え、それは「いろいろと自分に合ったダイエット方法を探し続けてしまう」という事です。一つの方法をやり続けるのが唯一の成功方法であり、方法を探し続ける行為はダイエットが続かない大きな原因です。

とにかく今日はこれをやる、というくらいシンプルに考えたほうが長続きはできますからね。

すぐに痩せたいと思うその気持ちがダイエットを失敗に導く

スリムになって理想的な体型を手に入れたいと思う時、必ず思う事が「あと何キロ痩せたい」とか「何キロになりたい」とか漠然となりたい体重を思い浮かべますよね。自分の身長などを含めた体型からして、何キロになれば美しくなる、カッコよくなるという推測は自分自身で意外とよく知っています。

この「あと何キロ痩せたい」というように、具体的な数値目標というか願望を持つこと自体は良い事です。先述しましたが、何のために痩せたいのかという目的を具体的に持って、何キロになるという目標を設定するというのはとても大事なことです。

但しひとつ、すごく注意しておかなければならない事があります。それは、「すぐに痩せようと思う気持ちは危険」という事です。危険とはどういう事かというと、健康的に危険であるとかここではそういう事を指しているのではなく、ダイエットが続かなくなる要因となるので危険という意味です。

どうしてもダイエットを始めた時というのはモチベーションが高くなるので、食事の制限や運動などもストイックになりがちです。そして、目標とする体重に対しての達成時期を短く設定しがちになります。この達成時期を短くするというのが非常に危険なんです。

最初はモチベーションが高いのでどんな食事制限やキツイ運動も耐えられる事でしょう。でも、絶対にそんなのは長続きしません。

そもそも古来人間の生活というのは、今のようにいつでもどこでも食べる物があるという時代ではありませんでした。そこで人間の体というのは、飢餓に耐えようと食べた物を脂肪として蓄えようとする性質が備わっています。そんな元々の人間の体の性質に逆行する行為がダイエットです。食べる量を減らして、脂肪を落とそうと運動するのですから。

つまり、ダイエットが辛いと感じるのは人間であれば当たり前の感覚なんです。そんな人間の性質を逆行する行為に長期間耐えられる訳がないんですよ。

ダイエットが続かない人の多くは、「2ヶ月で10キロ痩せたい」とか短期間で高いハードルを設定しがちです。ただ、どんなに意思が弱い人でも、痩せたいというその時の動機が強ければ2ヶ月で10キロとかは意外と落とせます。

しかしよく考えて下さい。あなたは2ヵ月後に10キロ落とすことが目的ですか?それとも、この先ずっとスリムな理想体型を手に入れる事が目的ですか?

短期間で高いハードルを設定すればするほど、その分食事制限や運動などのトレーニングはハードなものを組まなければなりません。2ヶ月間は耐えられたとしても肝心なのはその後です。

ダイエットがハードであればあるほど、やっと達成できたという安堵感から食生活も運動も緩みがちになります。そして、あなたの体自体も生存本能から体重を元に戻そうとする働きをします。すると待っているのは急激なリバウンドです。

ダイエットを成功させた人のおよそ8割以上はリバウンドすると言われています。これは人間の心理上も体の性質上からも、リバウンドするのは当然の事だと言えます。

かくいう私も、何度も3ヶ月以内に10キロ以上減量する事に成功してきましたが、遅かれ早かれ1年以内にはほぼ元の体重に戻ってしまいました。せっかく数ヵ月もの間、辛いダイエット生活をしてもリバウンドしたら全く意味がないどころか、ただの無駄ですよね。なので「すぐに痩せたい」という気持ちは実は非常に危険な考え方なのです。

ではどのようにしたら良いかというと、長いスパンで目標を設定するという事です。

例えば今すぐに10キロ減量したいと思っても、そこはちょっと我慢して「1年後に10キロ痩せよう」とかいう風に考える事です。「1年間もダイエットするなんて大変」と思うかも知れませんが、実はそんなに大変なことではありません。1年間という長い期間で設定する訳ですから、糖質を一切取らないとか、毎日1時間ランニングするとかそういったハードなメニューは必要ありません。

昼食は炭水化物を普通に摂って、夕食だけは糖質をなるべく抑える。運動もとりあえず筋トレを週2回だけ30分やるとかいうだけでも良いでしょう。

1年で10キロ痩せるのだったら、1ヶ月で1キロも必要ありません。普段の食生活から少しだけ糖質を抜いたメニューにして、運動も軽いもので設定する。そうすれば、ダイエットの辛さも半減しますし、長い期間続けやすくなり、それが習慣化されてきます。

そう、この習慣化が大事です。

人間の体は環境に慣れるように出来てますから、最初はちょっと辛いと思っても、続けていくうちにそれが習慣化されて、食べる量も自然と少なくなってきて、運動もめんどくさいという考えから気持ちいいという考えに脳が変化します。こういった習慣ができる事で、1年後にはあなたの目標であった10キロの減量には成功していますし、すでに習慣化されているのでその後も継続されやすく、10キロどころかさらにスリムで理想的な体型に向かう事ができます。

むしろ10キロ落とすのに気付いたら1年も必要ないという事は十分にあり得ます。それくらい習慣化するという事は強烈な効果があります。

ダイエットの目標は痩せる事ではなく、理想的な体型を一生維持し続ける事にあります。短期間で痩せようと思ってはいけません。短期間ではあなたの痩せ習慣は身に付きませんから。

すぐに痩せようと思う気持ちが、あなたのダイエットが続かない要因だという事をよく覚えておいてください。

まとめ

ダイエットが続かないことに対して、単に意思が弱いと思って諦めないでください。人間として続かないのは当たり前の事なんです。

でも、誰にでも続ける事はできます。あなたの中で思っていたダイエットに対する考えを変えてあげるだけで、続けられることは出来ます。全ては考え方にあります。

ダイエットをする目的の具体化、いろいろな方法に手を出さない、すぐに痩せようと思わない。最低限この3つの考え方だけはしっかりと持ってダイエットをすれば、あなたもきっと続けられるでしょう。

小さい頃からデブ体型で悩み、何度もダイエットに失敗して、何度もリバウンドを経験した私でも、考え方を変えただけで理想な体型を維持し続ける事が出来ているのですから。あなたも是非この考え方を取り入れてみて下さい。

ダイエットにおすすめの食材に関する記事はこちらから>>

-美容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

10歳以上肌が若く見える事には普段の生活に原因があった?

肌は年齢を重ねるごとに、年々衰えていきます。これは、人間として生まれた以上、仕方のない事です。 しかし、世の中には年齢を聞いてビックリするような若く見える人がたくさん存在します。30代だと思っていた人 …

風邪をひきやすい私が3つの対策を行なった事で改善できた方法とは?

毎年季節の変わり目になると、必ずと言って良いほど風邪をひいてしまう。そんな悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか? 私も秋から冬にかけての時期には毎年必ず風邪をひいてしまい、本格的に寒くなってくる …

髪の毛のボリュームが少ないと悩む男性に向けた解決方法とは?

男性で髪の毛のボリュームが少ないと、髪がすぐにペッタンコになって嫌ですよね。しかも猫毛だと尚更ペッタンコになりやすくてホント困ります。髪がペッタンコになると、弱々しい雰囲気に見えたり、真面目過ぎる雰囲 …

これからダイエットを始めようとしている方におすすめの食材3選!

ダイエットを実現させるためには、糖質の低い食事を心がけなければなりません。ただ残念なことに、世の中の美味しい食べ物は全て糖質が多く含まれている物ばかりです。今まで美味しい物ばかり食べてきた私達にとって …

口臭が気になると悩むあなたへ、その原因と改善させる方法とは?

口臭ってホント嫌ですよね。発せられる口臭が悪臭だったりすると、普通に会話をしているだけなのに、避けられやすくなったりします。異性と会話をする際などは、それだけで嫌われてしまったりします。 そんな厄介な …