人生お役立ち本舗

このサイトでは人生を充実させる上で役に立つことについて書いていきます。

カムリのオプション、絶対に付けるべき超おすすめは?

投稿日:2018年4月6日 更新日:

いざ新車を購入する際に必ずと言ってよいほど悩むのがオプションの選択ですよね?

でも、販売店で売られているオプションって、結構高いですよね。付けたいものを全部付けようとすると、オプション価格だけで何十万円もしてしまいます。予算は限られているでしょうから、出来る限り必要且つ便利なオプションだけに抑えておきたいですよね。

そこで、実際に「カムリ」を購入して、オプションもいろいろと付けてみた私が、これは絶対に付けたほうが良いという、超おすすめオプションについてまとめてみました。

オートリトラクタブルミラー

ドアをロック、アンロックする時に連動してドアミラーが開閉する優れものです。

ただでさえ、新型カムリはサイズがデカいので、お出かけして駐車する際にはドアミラーを閉じるのは必須となるでしょう。そんな時に、毎回手動でドアミラーを閉じるのはちょっと面倒くさいし、閉じるのを忘れてしまったりする事もあると思います。

でも、この「オートリトラクタブルミラー」があれば、そんな面倒な手間は考えなくてよし。車を降りるとき、乗る時、必ずワイヤレスキーを使う訳ですが、毎回ドアミラーも連動してくれるので超楽ちんです。

価格もパンフレットでの定価は「14,040円(税込)」、ディーラーでの工賃合わせても「18,360円(私の場合)」です。この値段で、この便利さを考えると、絶対に付けるべきオプションと言えると思います。

また、車は使用する際に、毎回必ず乗り降りする訳ですから、使用頻度も非常に高くてこの値段と便利さです。付けない選択はむしろないと思います。

T-Connectナビ9インチモデル/マルチビューバックガイドモニター

「Gレザーパッケージ」の場合には、メーカー純正の8インチナビが搭載されますが、「G」グレードの場合にはディーラーオプションでナビを付ける事になります。

カムリに付けるディーラーオプションのナビ(T-Connect)は主に2種類あります。

  • T-Connectナビ9インチモデル 238,680円
  • T-Connectナビ7インチモデル 159,840円

9インチと7インチで78,840円もの差があります。金額的にはかなり大きい差ですね。しかし、私はあえて9インチのナビをおすすめします。

9インチのほうが画面が見やすいのはまず当然であり、実用性の面でもおすすめしたい部分ではあるのですが、それにプラスアルファして、9インチと7インチではインテリア全体の雰囲気に大きく影響を与えます。そもそもまずナビが付いている位置はフロント中央であり、ある意味インテリアの顔です。この最も目立つ位置に9インチの大きな画面を付けると、それだけで高級感が演出されます。

こちらは7インチの画像

そしてこちらが9インチの画像

7インチだとちょっとこじんまりとして安っぽく見えるのですが、9インチだと枠一杯が画面になっていて実に高級感があります。ただでさえ、内装は広いカムリですから、7インチでこじんまりとしたナビは似合いません。9インチと7インチで約8万円の価格差はありますが、ここはケチらず9インチを選ぶほうが良いでしょう。

あと、ナビを選ぶ際に社外品を取り付けるのはやめておいたほうが良いと思います。社外品のナビを選んでしまうと、「マルチビューバックガイドモニター」が付けられなくなる恐れがあります。

現代の車では当たり前のように付いている「マルチビューバックガイドモニター」ですが、これは絶対に付けるべきです。

特に新型カムリはクラウン並みのサイズですので、駐車する際にこのモニターがないと非常に不便である事は間違いありません。また、このモニターは、ラインで後方の感覚を掴めるだけでなく、カメラの視点を切り替えることが出来、後方の障害物との僅かな感覚まで映し出すことが出来ます。

サイズの大きいカムリは、駐車場がやや狭いところでは、後方ギリギリにして駐車しないと、前方が枠から大きくはみ出してしまう事もあります。ですので、この「マルチビューバックガイドモニター」を付けるためにも、ナビは社外品ではなく、ディーラーオプションの「T-Connectナビ」を付ける事をおすすめします。

走行中にナビでテレビを表示させる機能「TVNAVIキット DOPナビ用」

メーカーオプションナビか、ディーラーオプションナビ、どちらを付けるにしても、シフトを「P」から「D」に入れると、テレビ画面を表示させる事は出来ません。

しかし、シフトが「D」の状態、つまり走行中でも常にテレビ画面を表示させるようにするオプションが、「TVNAVIキット DOPナビ用」というものです。スイッチを押せば、シフトが「D」状態の時でもテレビ画面を表示させることが出来ます。

※ちなみにメーカーオプションナビを付ける場合(たとえばGレザーパッケージに標準装備されているナビ)だと、「TVNAVIキット DOPナビ用」は付けられません。

走行中に車内では音楽をかけたり、ラジオをかけるのがメインという人にとっては、不要なオプションかもしれません。しかしこの機能は付けておいたほうが良いと思います。

特に助手席に人を乗せて走る場合、その人と会話が止まった時などは、テレビがあれば助手席の人は暇をしません。それに、会話のネタなどにもなります。また、女性を乗せてデートする場合には、走行中にテレビが表示されているほうが、会話が詰まった時でも女性はテレビを見ていたりするので、嫌な沈黙を解消できます。

気になる「TVNAVIキット DOPナビ用」のお値段ですが、32,400円です。このオプションも結構いいお値段はしますが、せっかくナビを付けるのであれば、走行中でもテレビを映せるようにしておいたほうが絶対に良いと思います。

ブラインドスポットモニター

車線変更をしようとした時に、隣の車に気づかず思わず「ヒヤッと」した事は誰でもありますよね?そんな車線変更をする際に大活躍してくれるのが、「ブラインドスポットモニター」です。

ディーラーの担当営業マンさんとオプションについて話していたところ、この「ブラインドスポットモニター」を物凄く推してきたんですね。ただ正直、私的にはパンフレットを見る限り、そんなに目立つような感じもないし、「本当に要るのかよ」と疑っていました。

でも、営業マンさんは「絶対に付けたほうがいい」と一歩も引く様子がなかったので、「そこまで言うなら付けてみるか」と思って付けてみたんですが、実にこれがすばらしい!

高速道路はもちろん、二車線道路を走っているときなどは結構、車線変更をするものです。その際に、車線変更すると危ない位置に他車が存在する場合には、サイドミラーで黄色く光るのですが、チラッとミラーを見ただけでその黄色い光が分かります。ホント良く目立つんですよ。

しかもそういった危険範囲内に他車がある時にウィンカーを出すと、その黄色い光が激しく点滅までしてお知らせしてくれるので、非常に分かりやすいです。逆を言うと、黄色い光が付いていない時には、車線変更しても安全だと簡単に認識できるので、車線変更が本当に楽なんです。当然、ランプだけを過信せず目視による確認も必要ですが、車線変更時の判断を強力にサポートしてくれます。

お値段的には工賃込みで54,000円とそれなりにしますが、これから長くカムリを乗るあなたにとっては非常に快適なドライブをサポートしてくれることは間違いありません。

しかもこの「ブラインドスポットモニター」ですが、メーカーオプションになるので、後から付けたいと思っても付ける事は出来ません。なので、最初の新車購入時に絶対にオプションとして付けるべきものであると言えます。

グラスシーラント(ボディコーティング)

新車購入時に絶対おすすめしたいのが、ボディーコーティングです。トヨタだと「グラスシーラント」というのを扱っています。この「グラスシーラント」ですが、とにかくホントにピッカピカになります。名前のとおり、ガラスのような輝きを放ってくれます。

しかもなんと光沢保証期間が5年!!洗車する際には、水洗い洗車でOK!!水洗い洗車でしたら値段も安いので、お財布にも優しいですね。

それと何と言っても雨が降った時です。雨が降った時は弾くように雨水がボディーを流れていきます。この水の粒がコロコロと汚れを巻き込みながら、流れていく性質もあるようで、雨が強く降った時などは、ちょっとだけきれいになっていたりします。

せっかく新車を買ったのだから、このボディーコーティングでピッカピカの状態を長く保ったほうが、新車を買った満足感に長く浸ることが出来ます。これは絶対におすすめです。

ETC車載器

ETC車載器については特に説明不要かと思います。絶対におすすめというカテゴリに入れてしまいましたが、おすすめというよりも、付けて当たり前のオプションと言えます。

このETC車載器ですが、ディーラーオプションだと3タイプありまして、

  • ベーシックタイプ 10,800円
  • ボイスタイプ 14,040円
  • ボイス・ナビ連動タイプ 17,280円

この中で、おすすめはどれかと言いますと、正直どれでも良いのかなというのが私の感想です。別にボイスが出ようが出まいが、「ETC使えりゃいいじゃん」と思えばベーシックタイプで十分かなと。

私は一番高いボイス・ナビ連動タイプを付けてみました。ただ正直、そんなに高速道路に乗ることがない私にとっては、あんまり必要なかったかなと。

ボイス・ナビ連動タイプの優れている点は、ETCカードを入れると、利用履歴と登録情報が全部ナビで表示させることが出来ます。ETCをよく使う人で、管理したい人にはおすすめと言えるのかもしれませんが、でもETCの管理ってネットでもできますしね・・・。結論から言うと、タイプは別にどれでもいいのかなと思います。

ただ、どれもビルトインタイプで収納型ですし、ETCは高速道路を走る時に今やないと不便ですから、どのタイプでもいいのでオプションでは絶対に付けるべきでしょう。

口説いようですが、今私が付けるなら一番安いベーシックタイプですかね。7,200円だけの価格差ですが、こういったケチるところはケチる事も、予算内で収めるには重要なことですからね。ここはあなたのお好みで。

フロアマット(ロイヤルタイプ)

どんな車でもフロアマットは敷きますよね?ですので、オプションでフロアマットを付ける事はある意味必須となります。

カムリで用意されているのは2種類あります。

  • ロイヤルタイプ 51,300円
  • ラグジュアリータイプ 38,340円

上記のどちらかを選択することになるのですが、私がおすすめするのは「ロイヤルタイプ」のほうです。

理由は3つあります。

まず、色合いについてですが、ロイヤルタイプのほうは濃い黒であり、ラグジュアリータイプのほうはちょっとだけ薄い黒です。カムリの内装の色合いバランスで見た場合、ロイヤルタイプの黒のほうが高級感が出ます。

次に、運転席と助手席のマットに付いている「CAMRY」のロゴですが、ロイヤルタイプはスチールのプレートに対し、ラグジュアリーだと刺繍です。たかがプレートですが、実際にスチールプレートのほうがキラキラと光っていてやはり高級感が出ます。

それと、刺繍だと乗車する年数が増えてきた際にどうしても糸がほつれてきてしまう可能性があります。スチールプレートであればその心配はありません。糸がほつれてくると、見栄えが悪くなってきて高級感を損ねてしまいます。中長期で考えた場合、スチールプレートのほうが良いと思います。

最後に、ロイヤルタイプには消臭・抗菌効果を施した素材が採用されているという事です。フロアマットは足を置く部分ですので、どうしても外の汚れが付着してきます。そこで消臭・抗菌効果があれば、嫌な臭いを抑えてくれるのでおすすめと言えます。

以上、3つの違いから「ロイヤルタイプ」のほうをおすすめしましたが、「それでも自分はラグジュアリータイプで十分」と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。ロイヤルタイプとラグジュアリータイプの価格差は12,960円しかありません。フロアマットは次の車を買うまで、そうそう変える事はないと思います。そう考えると、この2つのタイプのマットの違いを考えた場合、12,960円の差は全然小さいと言えます。

コストパフォーマンスを考えたら、フロアマットは「ロイヤルタイプ」の一択しかないと思います。ここは絶対にケチらないほうが良いです。

ラゲージソフトトレイ

トランクに敷くマットですが、カムリについては3タイプあります。

  • ラゲージトレイ 20,520円
  • ラゲージソフトトレイ 14,580円
  • ラゲージマット 12,960円

このトランクに敷くマットは絶対に付けておいたほうが良いオプションです。何もマットを敷いていない状況だと、荷物を載せた際に汚れや傷が付いた際に取り返しが付きません。でもマットを敷いていれば、そんな事を気にせず荷物を載せれるので安心です。

ちなみに私は1人暮らしで、コインランドリーで洗濯カゴを載せたり、その他買い物で飲料水を段ボール買いしたりするので、マットがある事で安心して荷物を載せれます。

3タイプのマットのうち、一番のおすすめは「ラゲージソフトトレイ」14,580円のタイプです。このタイプは撥水・防水機能もあって、一番下位のタイプと値段を比較しても1,620円しか差はありませんから、価格と機能の両方の面から考えてバランスが取れていると言えます。

一番値段が高い「ラゲージトレイ」は素材が樹脂で頑丈だとは思うのですが、「ラゲージソフトトレイ」との価格差が5,940円ですので、ここはケチって良いかなと思います。

まとめ

今回取り上げたオプションは、付けるべきかどうかと迷わずに、必ず付けるべきだと思うものを紹介致しました。

このほかにもオプションには、ドアガラスのフィルムやドライブレコーダーなど、新車購入時に付けたくなるモノもあります。しかしこれらについては、あえてディーラーで取り付けなくてもフィルム専門店や巷にあるカー用品店とかのほうが安くて質が良いものもあったりします。なので、わざわざディーラーオプションで取り付ける必要はないと判断し、この記事では紹介しませんでした。

あくまでも私個人の感想であり、人によっては意見が違うかもしれませんが、もし私がもう1台カムリを買うとしたら、今回ご紹介したオプションは必ず付けます。いち購入者の意見として、参考にしてみてください。

【関連記事】
カムリの内装、安っぽい部分を改装して高級感を出す方法とは?>>

-
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カムリのモデリスタを取り付けると、見た目の良さはどう変わる?

カムリのモデリスタのパンフレットを見ると、すごくカッコよくて惹かれてしまいますよね。でも、モデリスタってパーツ一つ一つの値段が高いし、正直お金によほど余裕が無いと敬遠しがちになります。 しかし、実際に …

カムリの値引きはどれくらいしてもらえた?私の体験談を教えます♪

カムリを新車で購入する際、どれくらい値引きをしてもらえるのか、すごく知りたいところですよね。また、ある程度の値引き相場を知らないと、これから値引き交渉をするのも不安になるのではないでしょうか? では実 …

カムリの内装、革調シートカバーを装着することでどれだけ変わる?

新型カムリのシートについてですが、「G」はファブリックシートが標準装備されていますよね。このファブリックシートについて不満とは言わないまでも、満足がいかない人が多いのではないでしょうか? 安っぽいとま …

カムリのグレードで悩むならGがおすすめ!その理由とは?

新車の購入について検討を始めると、必ず最初のほうで悩むことがありますよね。それは「どのグレードを選択すべきなのか?」という事です。10代目「カムリ」には、3つのグレードが存在しますよね。 Gレザーパッ …

マイカーローンの審査は、過去に任意整理の経験があっても通る?

過去に多額の借金を背負って任意整理をした経験のある人にとっては、審査の厳しい銀行でマイカーローンの審査なんて通るのかどうか自信ありませんよね。でも銀行のマイカーローンは金利も安いし、出来る事なら審査に …